<   2006年 12月 ( 2 )   > この月の画像一覧

「ツトム君のママ」というアイデンティティ

 「ツトム君のママ」でなくても「あやパパ」とかでも問題は同じなのだ。

 何の話かと言うと、たとえばラジオ番組なんかで聴取者が電話で番組に参加するクイズコーナー。「こんにちはー『昼でもサンライズ』のドン道川です。ラジオネームをどうぞ」「え…、えーっと、『ツトム君のママ』です」「はい、ではツトム君のママさんへの問題は…」みたいな流れがありますね。いやまあ別にね、人がどんなラジオネームを名乗ろうと俺が文句を付ける筋合いはないんだけどさ、そのテの名前を耳にするたびに俺の心にはいつもモヤモヤが残るのだよ。

 なるほど、あなたは確かにツトム君のママである。あやちゃんのパパである。それは確かなんだがね、だがその前にあなた自身のアイデンティティは何なんだ。ものすっごく気になる。これが例えば、「ツトム君のママ『ローズ・タトゥド・ヒップ』で〜す」ならばわかる。「あやちゃんのパパ『土竜髭の助』です」ならばいいのだ。

 あんまりゴチャゴチャ言うのはやめよう。つまるところ、子供抜きに語れぬアイデンティティっていったい何なんだろうなという、ただそれだけの疑問なのである。



<次回は「い」または「てい」で始まるタイトルですよ>
Nyancoin Bakery 江都屋へ戻る
[PR]
by edoya-ex | 2006-12-24 17:46 | シリトリヨタバナシ

スーパーマーケット

 
 スーパーマーケットのいくつかあるレジのどこに並ぶか。考察に値する問題である。

 安易なのは、一番並ぶ人の少ないレジに行くというものだ。これが意外と時間を取られるもので、並ぶ人が少ないのはそのレジにいる店員の手際が悪いことをよく知っている常連客がけっしてそこへは並ばないから、ということもあるのだ。まずは並んでいる客どもの持つカゴにある物の量を見れば良い。単純に人数だけでは判断できないことがわかるだろう。カートを引いている客の多い列は当然時間がかかるのである。レジは空いているが出口には遠いレジというのも考えものである。考えるほどきりがないか。「客一人当たりの所要時間の平均は1分4秒である」との調査結果がある。ゆえに、個人個人の買い物の量に多少の差があろうとも、「人数×1分4秒」でだいたいの待ち時間は算出されることとなる。すなわち考慮するべきは、レジから出口までの距離、店員の手際、レジ待ち客の人数、この三点に絞られるという事になる。これを瞬時に計算し、すかさず最適なレジに並び勘定を済ませ脱兎の如く帰宅し速やかに爽やかに夕食の用意を済ませ、余った時間を有効に使うのが賢い主婦であるという。なるほどね。

 ところで俺はスーパーマーケットでは、一番可愛い(と思われる)コのいるレジに並ぶのだが。そうすれば多少待ち時間が長くても一向に差し支えないのだし。楽しい時間は早く過ぎるものだと言うではないか。その朗らかなる気持ちを持てるならばだね、出口まで少々遠かろうと何の問題があろうか。あるいは帰宅後の料理もまた、穏やかな気持ちで作れるではないか。

 「客一人当たりの所要時間の平均は1分4秒である」のようなデータには何の価値もない。時間というのは時計が決めるものではなく、その当人の心が作り出すものなのだ。それが精神衛生の上で健全な人生をおくるということなのだよ。

(フィクション)


<次回は「と」または「つと」で始まるタイトルですよ>
Nyancoin Bakery 江都屋へ戻る
[PR]
by edoya-ex | 2006-12-14 23:47 | シリトリヨタバナシ