「ツトム君のママ」というアイデンティティ

 「ツトム君のママ」でなくても「あやパパ」とかでも問題は同じなのだ。

 何の話かと言うと、たとえばラジオ番組なんかで聴取者が電話で番組に参加するクイズコーナー。「こんにちはー『昼でもサンライズ』のドン道川です。ラジオネームをどうぞ」「え…、えーっと、『ツトム君のママ』です」「はい、ではツトム君のママさんへの問題は…」みたいな流れがありますね。いやまあ別にね、人がどんなラジオネームを名乗ろうと俺が文句を付ける筋合いはないんだけどさ、そのテの名前を耳にするたびに俺の心にはいつもモヤモヤが残るのだよ。

 なるほど、あなたは確かにツトム君のママである。あやちゃんのパパである。それは確かなんだがね、だがその前にあなた自身のアイデンティティは何なんだ。ものすっごく気になる。これが例えば、「ツトム君のママ『ローズ・タトゥド・ヒップ』で〜す」ならばわかる。「あやちゃんのパパ『土竜髭の助』です」ならばいいのだ。

 あんまりゴチャゴチャ言うのはやめよう。つまるところ、子供抜きに語れぬアイデンティティっていったい何なんだろうなという、ただそれだけの疑問なのである。



<次回は「い」または「てい」で始まるタイトルですよ>
Nyancoin Bakery 江都屋へ戻る
[PR]
by edoya-ex | 2006-12-24 17:46 | シリトリヨタバナシ
<< ティガちゃんさん スーパーマーケット >>