脱税してみたくとも


 脱税してみたくてもそうするほどの収入がないのだからやりようがないわな。あるいは節税というのもするだけムダで、まあ仕事で使うゴム手袋や安全靴(自前である)を必要経費として年末調整のときにでも申告してみればいくらか税金が安くはなろうが、その手間に見合った値引き(?)がなされるかは疑問なのだ。

 人生(大袈裟かね)、結局のところ大雑把に見ればプラスマイナスゼロになるのではないか。ほら、例えば会社の専属の税理士さんなんかがさ、税金対策みたいな名目で「車(社用車ね)でも買えばどうですかぁ?」みたいに言うことがあるでしょう?経費を使って、払う税金を安くおさえる、と。でもよくよく考えてみれば手元に残るお金にさほどの変わりはないのだろうし、自動車を買ったことでかかる維持費や手間なんかを考えると、素直に税金払ってしまってもおんなじなんじゃないかね?

 俺は自動車を持っていない。運転免許を持っていないので当然ではあるのだが。不便ではないか?と聞かれることがあり、実を言うと時々、車があればいいのになと思う瞬間がないではない。でもね、結局は自家用車を持つことで生じる利益と損失、持たないことで生じる利益と損失、プラスマイナスゼロなんではないか。詳しくはまた機会があれば書くけれど、とにかくそう思うので今あらためて運転免許を取ろうとかいう気持ちにはなれないのだ。

 税金も自動車のことも図式は同じ。その他のことも。あの時にあきらめた夢、なんてのも、よくよく考えれば、それがあったから今につながっているのだから、それは悔やむべきことではないのだ。

 脱税のことからこんな結論になったが、これでよろしいか?

<次回は「も」または「とも」で始まるタイトルですよ>
Nyancoin Bakery 江都屋へ戻る
[PR]
by edoya-ex | 2006-06-25 23:47 | シリトリヨタバナシ
<< 友達にしたくないタイプ 明方に幽体離脱 >>