メンソレータム

e0089712_18412656.jpg 我が家ではタイガーバームが万能薬ということになっている。虫刺され筋肉痛関節炎皮膚炎はもちろん、風邪をひいた時には小鼻に塗り鼻の通りを良くし、あるいはノドや胸に塗ることもある。まことにもって重宝するものではあるが、ちょっと臭いのが難点ではある。ドリアン、のようだ。果物の王様などとあがめられているわりにはその匂いゆえに嫌われるドリアン。うむ、今後はタイガーバームを塗り薬界のドリアンという位置づけで考えることにしよう。

 そんなわけでタイガーバームを持ち出すほどではない時にはメンソレータムを使うことが多い。正確に言うならば今手元にあるのは「メンターム」である。メンソレータムよりいくらか安く手に入る。あるいは「メンタム」というのもありますな。中身は似たようなものなんだから何でもいい。どうせ気休めなのだから(なんてこと言う)、粗悪品でありさえしなければ安いほうがありがたい。それにメンソレータムよりメンタームのほうがメンソールが強くってスカッとするのだ。

 あー、ところでそのメンソレ関係は名前が似通っているけれど、絆創膏関係は色々呼び名があって楽しゅうございますな。「バンドエイド」とか「カットバン」とか。カットバンってのはいいね、歯切れがよくって。あるいは、各家庭によって呼び名が違う場合もありまして、それは何故かと言うに、置き薬の会社独自のものがその家の薬関係の呼び名になる場合があるのですね。我が家では長いこと、絆創膏を「キュラード」と呼んでいた。「救急キュラード」という絆創膏が入っていたのだ。きゅうきゅうきゅらーど。オバQ音頭みたいだ。

 「サビオ」なんて呼び名もあるね。どうも関西方面での呼び名というイメージがあるのだが気のせいかもしれない。ともあれこういう色々な呼び名に精通しておけば、出入りの業者さんからいきなり「兄ちゃん、『サビオ』持っちょらんかいのお」と尋ねられた時にも平常心で「ああ、『キュラード』」と呟きながらポケットからさりげなく「カットバン」を出すこともできるようになるのである。


<次回は「む」または「たむ」で始まるタイトルですよ>
Nyancoin Bakery 江都屋へ戻る
[PR]
by edoya-ex | 2006-05-07 10:12 | シリトリヨタバナシ
<< ムダ知識 シクラメン >>