デ○○オのトイレ

 正常と異常の挟間で→デ○○オのトイレ

 今日、用事で出かけた帰りに某電器店デ○○オに寄りトイレを借りた。

 ここのトイレは最新式かどうかは知らないが結構具合の良いウォシュレットが設置してあるのだ。具合の良い、というのは別にノズルの角度や水勢などのことではなく、操作盤の位置などの具合の意味である。腰掛けた状態で無理なく操作できるか等のこと。その点、なかなか良い。

 用を足し、水を流そうとしたが、はて、どこをどうすれば水が流れるのであろうか?最近のトイレは「手を近付けると水が流れます」みたいなセンサーが壁面についていることが多い。ウォシュレットが割と新しめなのでそれにつられて水を流すのもそのようなセンサー式なのであろうと無意識のうちに考えてしまい壁をぐるりとひとまわり眺めるが、それらしいものがどこにも見当たらない。ちょっとしたピンチである。まさか流さぬままその場を去るわけにはいかない。ああ想い起こせば小学生の頃、流し忘れて大騒ぎになったこともあったのだな。あたかも他人の仕業であるかのような顔で見物に行ったものだがしかし、今はもう小学生ではなく(多少問題はあるが世間的には)立派なオトナなのだ、俺は。落ち着け、冷静にもう一度さがすのだ。

 落ち着いて探したら、何のことはない、開けた便座のフタの陰に隠れてちょうど腰骨の辺りの高さに水流しのレバーを見つけた。あの、がっくん、って下げるタイプのレバーね。がっくん。ざばー。一件落着。まったく、ウォシュレット部分のコントロールパネルが軽い操作感のデジタルデジタルしたやつなもんだから、ついつい水流すのもそうかと思い込んでしまったが、考えてみればデ○○オのトイレって、そのベースの便座自体は特に最新型というわけではないのだね。これでまた一つオベンキョになったあるよ。

 ところで、最新のウォシュレットを導入していただくのは大変けっこうなこと(皮肉でもなんでもなく、本当に)なのだが、惜しいことにペーパーホルダーの位置が低すぎて使いづらいことこの上ない。あと10センチいやせめて5センチでも高い位置についていれば良いのだが。ペーパーの取り出し位置が膝より下になるというのはどうも納得がいかぬ。あるいはこれは昔、ここにまだ和式便器が設置されていた頃の名残なのかもしれぬ。そう考えればその低さにも納得がいくというものだ。

 では、またね。

<次回は「れ」または「いれ」で始まるタイトル>

e0089712_22315483.jpg
[PR]
by edoya-ex | 2005-11-05 21:15 | シリトリヨタバナシ
<< レジェンド・ヒーロー 正常と異常の挟間で >>