正常と異常の挟間で

モンゴリアン・チョップ的人生→正常と異常の挟間で

 結局のところ世の中には
・正常な人
・異常な人
・異常な人に強く悪影響を受けている人
の3種類が存在するようで、正常な人は哀しい思いをすることが多いのだ。根本的な解決にはならないけれど、さしあたっては「異常な人の真意を理解しようとする努力をやめる」ことでずいぶんと楽になるような気はする。

…と、先日江都屋の本店の方のコメント欄に書いた。実のところ言いたいことはこれで終わってしまうのだ。が、それではちょっと寂しいのでもうちょっと書いてみようか。あんまり話はふくらまないけど。
@@@

 何を以て「正常」「異常」を決めるのか。はてはて。大雑把に言うなら、正常とは建設的であり、異常とはその反対で破壊的である、と。大雑把すぎるか。でも大雑把にいかないと話が細かくなりすぎるからな。つまるところ、その思想や行動、判断が幸福へと向かう人は正常で、その反対が異常と、そういうことにしておこう。

 その性質が生まれつきのものであるのかどうか、変わる可能性があるかどうか、それらのことはさておきとりあえず現時点で「異常」である人、というのは確かに存在する。あの、これ、世の中を悲観的に見ているんではなくって、実際にそういう人っているでしょ?って話ね。どこぞの国の大統領や書記長のことなど考えなくても、あなたが身を置く人間関係の中に少なくとも一人はいるんではないか、ということ。「ううん、私の周りの人たちはみんな心のきれいないい人ばかりよ」なんてことをもしあなたが本気で言うのならば、異常者はあなた自身なのかもしれない(ああいや、これは半分冗談。半分本気)。

 で、基本的には正常なんだけど異常な人の悪影響(毒電波)が強すぎて、言動や体調がおかしくなってしまう人ってのもおりまして、おりましてっていうか、そのパターンが多いんではないかと思う。こんなこと書いている俺自身もやっぱりちょっと思い当たるフシがあるしねえ。あなたにもおそらくあると思う。あるいはあなたの同僚のあの人やあの人が時折理性を失ったように見えるのはやっぱり近くにいる影響力の強い異常者のせいなんではないか。

 そういう人の言動に左右されて右往左往して生きるのはとても辛いことだ。そういう変な影響を受けることからはできれば抜け出しましょう。そこでこの記事の冒頭に書いたことに戻るのだ。

 「異常な人の真意を理解しようとする努力をやめる」こと。

 正常な人は正常であるが故に、異常者の心も理解しようとしてしまう。なかば無意識的に「理解できるもの」であると思おうとしてしまう。そういった望みを持つことは大変結構なことだがしかし、現実はどうだ。あなたは、同じ日本語を使いながら思考内容の全く違う人を相手にしているのかもしれないのだ。どれほど言葉を費やそうと、いや、費やせば費やすほどゴミの山が築かれていく場合もあるのだ。

 そう感じたら、その人の真意を理解しようとする一切の努力を放棄しましょう。時間や労力、生命力の無駄だから。

 できることならそういう人との関係を断ち切れれば言うことはない。こういうことを言うと、それは交友関係を狭めることになりはしないかと危惧する人もいるだろうが、それはいらぬ心配なのだ。負のエネルギーを持つ人物を一人遠ざければ、正のエネルギーを持つ人物が二人以上寄ってくることだろう。

 んじゃね

<次回は「で」または「まで」で始まるタイトル>

e0089712_22315483.jpg
[PR]
by edoya-ex | 2005-10-19 23:25 | シリトリヨタバナシ
<< デ○○オのトイレ 心ならずも→モンゴリアン・チョ... >>